複数の借金を不動産担保ローンでひとまとめにしました

不動産担保ローンのよくある誤解

不動産担保ローンについて私は誤解をしていました。マンション・アパートを経営するときに利用するものだと思っていたことです。それは「不動産投資ローン」や「アパートローン」と呼ばれているものです。この誤解から、私は消費者金融などで高い金利で借りてしまっていました。親から譲り受けた土地があったので、もっと低い金利で借りられていたはずなのにもったいなかったです。途中で不動産担保ローンは土地などの不動産を保有していたら利用できるということに気が付いて、消費者金融からの借金をまとめました。金利は18%から3%程度まで減らせたので、利息をかなり節約できました。最初から気づいていたらもっとよかったのですがね。クレジットカードのリボ払いも一緒に返済してしまおうと考えて少し多めに希望しましたが、審査では問題なく通りました。手間と時間がかかりますが、銀行で借りたほうがいいです。なぜなら、同じ不動産担保ローンでも銀行のほうが金利が低いからです。せっかく土地を持っていて有利なのだから、銀行を利用しない手はありません。土地は売却しようとも考えていましたが、思い出がつまった土地なので手放したくなく、不動産担保ローンで解決しました。

再就職で収入が下がり500万円近い借金を作る : ローンをまとめるため親の不動産を担保にローンを組む : 月の返済額も下がったので必死に返済中 : 不動産担保ローンのよくある誤解